じゃない吹田について

「じゃない吹田」とは

JR吹田駅前さんくす夢広場やメロード広場、JR吹田駅周辺商店街等の空き店舗やアーケードを活用したマーケット事業やJR吹田駅周辺のまちあるき、食べ歩き事業、JR吹田駅周辺の活性化に関するまちづくり事業をする団体です。

名前の由来

JR吹田駅周辺は
旧くは奈良時代から吹田さたいを中心に発展をとげ、
平安・室町時代には天皇家などの避暑地の1つでした。

また近代は旧吹田村・旧吹田町の役場があった場所を
神崎川とJRの間の地域が吹田の中心地として発展をとげました。

そういうことから
ガンソスイタと呼んでふさわしく、歴史がある。

人情味のあるまち
みんなが思っている吹田じゃないよ〜ってことで
「じゃない吹田」としました。

ただ今は他市や他県の人に吹田を聞くと
ニュータウンや万博や江坂を思い浮かべて
緑の多い、シュッとした文化香るまちと思いがちですが

ガンソスイタ
と呼んでも間違いではなく
皆んなが思ってる吹田ではない吹田
歴史ある、人情味あるまち吹田であると言う事で
「じゃない吹田」 としました。